先生

心療内科に助けを求めてみましょう|信頼できる医師を探す

病気と気づかない人が多い

看護師

それは強迫性障害かも

東京の心療内科は、「こんなことでも相談を受けてもらえるのだろうか」と心配になるような事柄でも、こころよく話を聞いてくれます。ですから、悩みを抱えたままでいるよりも思いきって東京の心療内科を訪ねてみることをおすすめします。たとえば、多くの人が病気とは気づいていない症状に、強迫性障害というものがあります。手を洗うのが止められないという症状についてはよく知られていますが、そういったわかりやすい症状以外にもこの病気の可能性を示す兆候はいろいろあります。それらの一つ一つはごくささいなことで、例としては床に小さなごみが落ちているのがどうしても我慢できないとか、同居している家族の食器の洗い方が不十分に思えて仕方がないというようなことです。こんなちょっとしたことでも積み重なっていくと心の健康を害することがあるのです。したがって、このところ自分のこだわり方がちょっと行きすぎているように感じられるときは、「こんなつまらないことで病院に行くのも・・・」などと気にせずに、東京の心療内科で気軽に相談してみるとよいでしょう。

痛みの原因が不明なときは

東京の心療内科では、ちょっとしたことが気になって仕方がないというような症状以外にも、原因不明の痛みがあって病院で検査をしても悪いところが見つからないといった症状なども診察してもらうことができます。このような痛みは体のどこにでも現れるもので、特に多いのは頭部や腰などですが、そのほかにも肩・腕・足・背中、さらには手足の指などいたるところに見られます。整形外科などの検査では異常が見つからず、ときには痛みのある箇所が別のところへと移動することもあります。このような痛みは心因性疼痛と呼ばれることもあり、東京の心療内科ではカウンセリングで患者の話に耳を傾けたり、痛み止めや抗不安薬などの薬を処方したりして治療を行います。東京の心療内科は心理的な要因で起こる胃痛や腹痛などにも対応しているので、胃薬や整腸剤などを処方してもらうこともできます。このように、体の不調から心の不調までワンストップで診てもらうことができるので、東京の心療内科は多くの人から喜ばれています。